スポンサーリンク

商品レビュー

自転車・クルマのタイヤへの空気入れをもっと簡単に!「電動空気入れエアホークプロ」

投稿日:2018年2月10日 更新日:

電動の空気入れがあれば.....と思ったことは?

クルマのタイヤ交換時や自転車に空気を入れようとしたとき、電動の空気入れがあったら便利だと思った事はありませんか?。

海水浴に行ったとき、ゴムボートやイルカの浮き輪に空気を充填する時間がなんて勿体無いんだ!!と思ったことはありませんか?。

今回ご紹介する電動空気入れ「エアホークプロ」は、外出時にも携帯出来る電動で充電式の空気入れです。

 

例えばこんな使い方ができます

  • 自転車・バイクに空気を入れる
  • 自動車のタイヤ交換時に空気を入れる
  • 一輪車に空気を入れる
  • ゴムボート・浮き輪に空気を入れる
  • 家庭用プールに空気を入れる
  • バスケットボール、サッカーボールに空気を入れる
  • エアマットに空気を入れる
  • バランスボールに空気を入れる

などなど。

普通空気を入れる時は足踏みポンプか人力(息)で入れますが、これって結構疲れますよね。

耳の下も痛くなります。

メリットとすれば肺活量を鍛えるだけ。そんなトレーニングを必要としないのであれば、はっきり言って空気を人力で入れるのは時間のムダというものです。

 

海水浴に行ったときなどは、子どもたちは早く海に行きたくて仕方がないのです。

そんな時に浮き輪やゴムボートへの空気入れに時間が掛かってしまったら? せっかくのレジャーも台無しになってしまいます。

 

エアホークプロ があれば、そんな悩みも一発解消です。

 

 

エアホークプロの動画

 

 

製品の特徴

携帯性に優れる

小型で持ち運びが可能です。

ちょうど、充電式のインパクトドライバーとほぼ同じ大きさなので、クルマのトランクに忍ばせておいても邪魔になりません。

 

小型でパワフル

周囲の空気を一気に内部にかき集め、素早く充填できます。

 

空気圧の設定や調整も可能

 

LEDライトがあり夜間作業にも便利

LEDライトを装備しているので

、夜間作業時にはとても重宝します。夜間の出先などでは間違いなく必要な機能といますね。

 

各種アタッチメントを付属

 

各種アタッチメントは上記のセット内容です。必要充分な内容ですね。

 

充電式

充電時間は約3.5時間。連続使用時間は約10分です。

 

クルマのシガープラグからの充電も可能

連続使用時間が10分ですので以外と短く感じるかも知れませんが、クルマのシガープラグからの充電も可能ですので出先でも安心して使えます。

 

その他

本体重量は782g。充電用ACアダプターのコードの長さは約1.8m。カーアダプターのコードの長さは約3.5mです。

 

 

こんな人/こんな時に便利

実際にエアホークプロがあったら便利というシュチュエーションを考えてみます。

 

自宅の庭でのプール設営に

夏場に自宅の庭で簡易プールを設営する際にも便利ですね。

簡易プールには足踏み式のポンプが付属していますけど、大体の家庭の庭の土地は人工芝や土の場合がおおいですが、そのような不安定な場所で足踏み式ポンプを使うというのは以外に不便だったりします。

エアホークプロがあれば、簡易式プールの設営にも頭を悩ませずに済みそうですね。

 

 

 

自宅のリビングで....

フィットネスのためのバランスボールが自宅のリビング付近に転がっている家庭も多いはず。

しかし、使わない特は邪魔だから片付けようとも思うんだけど、いざ使いたい時にまた出して息で空気を入れるというのも骨の折れる作業です。

そんな時にも電動空気入れがあれば、片付けや使いたい時の準備作業にもきっと役立つでしょう。

 

 

 

海水浴

海水浴では大活躍間違い無しです!。

浮き輪からゴムボート、シャチなどのキャラクターもののフロートなどなど、海水浴などの遊び道具は空気を入れなければ遊べないツールにあふれています。

いちいち足踏みポンプや息で空気など入れていたら、あっという間に午前中が終わってしまいます。

 

 

 

バイクツーリングの工具として

バイクでのツーリング、特に一人でのライドの時に限ってトラブルはつきものです。

エアホークプロがあれば、いざという時のパンクの時でも、一時的に空気だけ入れてしまって近くのガソリンスタンドや整備工場まで自走する事も可能です。空気入れが無ければ、100%自走は不可能です。

 

クルマのトランクに常備

クルマのトランクに1台常備しておけば、バイクのトラブルのように急場凌ぎには重宝します。

クルマの場合は応急用タイヤもありますけど、寒い冬にジャッキアップなどしている暇があったら、取り敢えず空気を2kgだけ詰めて近くのガソリンスタンドに走ったほうが賢明ですね。

 

 

球技系部活での遠征や合宿に

日頃練習している学校から離れる事の多い球技系部活の場合、遠征や合宿時にいざ練習と思ったら、1個~2個空気が無くて練習に使えないというシチュエーションというものよくある話。

この際、部費で購入してしまいましょう。顧問の先生!監督!!。

 

エアホークプロの購入はこちら

からも可能です。



■スポンサーリンク




■スポンサーリンク




-商品レビュー

Copyright© Shigepon's log , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.