スポンサーリンク

転職

【看護師の転職】転職に支援サイトをオススメする理由とは!?

2020年4月8日

看護師の転職

看護師が現在の医療機関から新たな勤務先を探す転職について考えてみたいと思います。

 

看護師が転職する理由の多くが勤務時間や労働に対する対価への不満、希望の部署に就けないなど、深刻な悩みが多組み受けられます。

また、基本的に女性が中心の職場でもあるので、同棲の上司や同僚に対する人間関係も多く上げられているようです。

看護師はもはやサービス業と同じ。

時間外勤務、サービス残業は当たり前。医療機関であるが故にブラック企業の殿堂入りを果たさないのは、職業上何らかの不都合があるのかどうかは知りませんが、転職や退職の多くの理由を探ると民間のブラック企業と何ら変わらないような実態がそこにはそこにはありました。

しかしながら、業界内ではブラック企業ならぬ「ブラック病院」と呼ばれる医療機関が多数存在しています。

現在の職場に不満を抱きつつ、いざ転職と決意したとしても、転職した先も「ブラック病院」であったとしたら、転職の意味がありません。

そのような失敗をしないために、転職をする際には希望する業務に精通した転職支援サイトを利用する事をオススメします。

 

 

看護師が転職に興味を持っている度合い

本題に入る前に、上記のデータをご覧下さい。

上記のグラフは「看護師の転職」というキーワードでユーザーがWeb検索をした頻度(結果)を表したグラフです。

グラフでは2011年8月から数ヶ月間の間、急激に検索が集中しているのがわかります。また、2016年1月からも同様に検索が増え始めており、この記事を書いている2019年1月には減少傾向にあるようです。

2011年の大きな出来事といえば東日本大震災が起こった年です。この震災が看護師の転職に直接関わりがあったかは定かではありませんが、憶測ながら少なからず影響はあったものと思われます。看護師さんにとっては激務であったと推測するからです。

このように急激に検索ワードが集中するという現象は、世の中や特定の限られた業界の中でなにかしら大きな動きがあり転職活動が活性化してしまったという考え方が一般的です。

 

 

看護師が転職支援サイトを利用するメリットを考える

転職をする際の職場探しにはいくつかの方法がります。

  • ハローワーク経由で求人を探す
  • 知り合いの病院を紹介してもらう
  • 自ら求人のある病院を探す
  • 求人情報誌やネット応募から探す
  • 転職支援サイトを利用する

上記の方法にはそれぞれ一長一短がありますが、ここでは転職支援サイトを利用するメリットについて考えてみます。

 

1,希望の職種や条件を特定させる

転職支援サイトでは自分の希望条件や勤務地などを登録しておく事で、その条件に見合った職場を斡旋してくれます。この点はハローワークも一緒です。しかし、ハローワークの場合は直接窓口まで足を運ばなければなりません、頻繁に出入りしていれば良からぬ人とハローワークでバッタリ!なんて事も。それが自分の職場の上司であったり人事部の方でしたら大変です。

一方の支援サイトでは殆どメールや電話でのやり取りです。ヒアリング等で伺う事も何度かありますが、ハローワークなどの公的機関に比べればリスクは極小と言えます。

 

2,時間的なリスクを回避する

看護師や会社員は勤務中に就活は出来ません。土日祝日も返上である看護師としては交代制で平日休みも取りやすいですが、自分の希望の日に確実に休めるかどうかは不透明です。

もしも、公的機関や支援サイトに頼らずに求職活動をした場合、先方の都合にもある程度合わせる都合なども出てきます。それが希望の職場であればあるほどその必要性も大きくなります。

転職支援サイトを利用すれば、すべての日程調整を支援サイト側が代行してくれるので、細かい日程で悩むこともなく時間的なリスクを回避することができます。

 

3,堂々と就活出来ない職業

看護師は人前で仕事をする手前、面が割れている事も多いです。大都会の病院であるのならまだしも、地方の田舎などでは街中で知られている事も多いでしょう。

そんな最中、就活のために別の医療機関に出入りしているのを目撃されれば、たちまち予期せぬ噂がたつかも知れません。

 

4,細かい条件交渉をしてくれる

希望の職場が見つかったとしても、どうしても一部の条件だけが飲めないとなった場合、支援サイト側があなたに変わり医療機関と交渉してくれます。

あらたな職場に対して自分で直接交渉というのはなかなか難しいものがありますが、このような場合も支援サイトのエージェント(担当者)が求職者に代行して条件交渉を行ってくれます。

 

5,「ブラック病院」見極めのため

ハローワークや雑誌、個人での就活の場合は「ブラック病院」であるか否かの判断が難しいのは言うまでもありません。

転職支援サイトでは、専任のエージェントが登録している医療機関に直接足を運んで求人の確保や打ち合わせなども実施していることから、殆どの場合、医療機関個々の生の情報を入手しています。過去に紹介した実績のある医療機関であったり、病院全体の雰囲気や担当者、院長の人柄なども熟知していることが多いので、ブラック病院を紹介されるというリスクは限りなく低くなります。

万がいち、求職者に対して「ブラック病院」を紹介してしまえば、その支援サイトにとっては死活問題になり得る訳であり、その後の求職者支援の業務が難しくなる事は目に見えています。

 

6,内定の取り消しがしやすい

あらたな医療期間を紹介してもらい面接まで終了しました。

テンポよく内定までこぎ着けたものの、どうにも自分の理想とはかけ離れていた場合、本来であれば内定取り消しの連絡も自分で入れなければなりません。

このような場合も支援サイト側で全て代行してくれます。

 

 

まとめ

看護師の転職について、支援サイトを利用したほうがリスクが低くて良い出会いがある事が分かって頂けたかと思います。

看護師の転職に留まらず、医師、一般企業からの転職、士業であっても転職の際に支援サイトを利用する利用者は年々増え続けています。

もしも、現状の医療機関の勤務や条件などが不満で転職を考えているのであれば、思い切って支援サイトを使ってみるもの良いかも知れません。

因みに、支援サイトは登録したら必ず転職しなければならない訳ではありません。登録だけしておいてしばらく情報収集するもよし、いざ転職を決意したらそのまま利用すれば素早いレスポンスが可能にもなります。

次回は看護師にオススメの転職支援サイトをいくつか紹介してみたいと思います。

それでは。

-転職

Copyright© Shigepon's log , 2020 All Rights Reserved.