スポンサーリンク

Web運営

ブログ記事は「ごちゃ混ぜ系」と「特化型」どっちがいいの?

投稿日:

はじめに

こんにちは(こんばんは)。
今日はブログの骨格を決める部分のカテゴリーについての話です。

ブログの骨格(スタイル)についての話ですが、今回のこの記事、ある程度は(Wordpress+独自ドメイン)にてブログを運営する方向けの記事となっていますが、無料ブログにも応用は出来ると思います。但し、無料ブログの場合は独自ドメインではない場合は多いのでちょっと話が噛み合わないかも知れませんが興味のある方は最後まで読んでみてください。

このブログをご覧になっている方はグローバルナビゲーションを見て既にお分かりかと思いますが、このブログは「ごちゃ混ぜ系」ブログです。
それぞれのカテゴリーには何の関連性もなく、ただただ思いつきで記事を書いてカテゴリー分けをしているような感じでこんなブログのスタイルになってしまいました。

「ごちゃ混ぜ系はSEO的にもあまり良くないよ!」と仰る方も居ます。

アフィリブログとしてPVを稼ぎたいのなら特化型ブログのほうが専門性も高くてアクセスを集めやすいのだと思いますが、私の場合ドメインを取得したばかり(開設後2ヶ月程度)でドメインパワーも無く、ただただ日々記事の量産化を進めているうちにこんな形になってしまったのです。いざとなればもう一つ専門性に特化したブログも開設したいな~と思ってますが、このドメインがある程度育ってから育ったそのドメインに対してサブドメインを付けて開設でも良いかな~と思ってます。

PVを稼ぐにしろアクセスを集めるにしろ、まだまだ狙ったキーワードで検索に引っかかるような状況にはほど遠いのが現状です。

まずは、この雑記ブログで出来る限り良質な記事の量産を心がけるつもりで早速エントリーの真髄に触れたいと思います。

 

「ごちゃ混ぜ系ブログ」の特徴

まさにこのブログ。

カテゴリーは、Web運営、アフィリエイト、DTM/ドラム、PC/スマホ、個人事業、ワークアウト、クルマ、雑記、世界情勢.......とホントに関連性もなにもあったもんじゃありませんね。言う人に言わせれば 一番やってはいけない と言われています。ただ、これは運営者本人の考え方の問題であって、「これだからダメ!」という明確な理由など存在しないと思います。実際に雑記で多くのPVを集めていらっしゃる方も居られます。しかしながら、専門性の高いブログと比べれば同じキーワードで勝負した時に雑記ブログのほうがSEO的には叶わないのが現状でしょう。「特化型」はまさに専門性の高いブログです。記事も類似するジャンルのものが多くアクセスを集めやすいのは言うまでもありません。

一方のごちゃ混ぜ系ブログの最大のメリットは、自分が得意とする記事をそれほど調べ物をしなくてもサクサク執筆できるので、記事の作成にそれほど時間を必要としません。そして最大のメリットは、記事のネタ探しに苦労する事が殆ど無いことでしょう。自分の好きな記事だけ書いていればいいんですからね。しかしながら、調べ物をしなくても記事を量産出来るぐらいの経年と知識がある趣味を持っているのだとしたら、間違いなく専門性の高いブログに合わせたドメインを取得して運用したほうが後のSEOを考えても得策です。

 

「特化型」の特徴

向かうところ敵なし。

私もいつかはこの専門性の高い 「特化型」のブログ を開設するのが夢です。
と言いつつも、自分はそんなに専門性の高いブログの記事を書けるくらい専門的な知識を持ち合わせていないのです。これって致命的ですよね。強いて言えば、開業後に頑張って勉強した個人事業の経理ぐらいです。が、プロの税理士さんでもブログを書く時代ですから、まさに「特化型 +  プロ」には叶いませんね。ただ、専門用語ばかりを並べて意味にくい、理解しにくい税務系ブログがぶっちゃけ多いです。プロがプロに教えるのならそれでも良いかもしれませんが、素人がサイトを訪問して理解できなければ直帰率をあげてしまうばかりです。そんな素人さん向けの優しいサイトなんかを作るとまだまだ上位表示を狙えるかも知れませんね。

特化型ブログを運営している方の特徴としては、自分の持っている知識に加えて更に調べて裏付けされた正当性の高い情報を元に記事を執筆されている方も多いです。ただでさえ知識も高いのに更にその知識に間違った認識が無いか?をしっかり調べた上で記事を書かれる訳ですから、あれだけ良質な記事を書いて検索でも上位表示されるのでしょう。尊敬に値します。

ドメインパワーもあってGoogleからの評価も高ければ、大したSEO対策を施さなくてもサクッと上位表示されるなんて、夢のまた夢ですね。
但し、そんな特化型だと、開設当初は苦労の連続だと思います。それぞれ複数のブログを運営していて、そのブログに応じた専門性の高いカテゴリーで分けた事で、エントリー出来る記事は相当絞られてしまいます。毎日の記事の量産ともなると大変な苦労なのかなと思います。
ただ、長い目で見ると、特化型のほうが一つの記事を狙ったキーワードで不特定多数の方の目に止まる確率が上がると思います。長い期間じっくりとその記事を見に来て貰えますから、記事一つ一つの完成度の高さと一つの記事で稼げるPV数も絶対こっちのほうが高いでしょう。

芸能情報や旬のネタ、ニュース等を取り扱うカテゴリーの場合、短期間で多くのアクセスを集められますが、数ヶ月すると人々からは全く相手にされなくなる可能性だってあります。このようなカテゴリーの場合は、とにかく人よりも早く旬の記事を書いて公開しPVを稼ぐ以外に手立ては無いと思うのです。運がよければSNSで拡散してもらえるとバズる可能性も高くなりますね。仕事を持っている人からすればちょっとリスクが大きいと思われます。あまり時間の制約を受けないブログで飯を喰っているプロの皆さんなら可能なのでしょうね。羨ましい限りです。早く自分もそうなりたいな......と良質な記事の執筆に余念がないshigeponです。

 

 

それぞれのメリットとデメリット

ごちゃ混ぜ雑記ブログのメリットとデメリット

ごちゃ系ブログはとにかく記事の量産が可能です。自分の得意な分野をどんどんカテゴリー分けして記事を量産すれば言い訳ですからね。調べ物の手間についても、未知の記事をかくよりはリスクも時間もそれほど必要としません。気軽に思いついた記事を書けるしブログで言いたいことも言えます。記事のネタは毎日閃いてきますのでネタ探しには苦労しません。

しかし、特化型と記事とキーワードが被った場合、上位表示では勝てない可能性が高くなります。特化型はその筋の記事を専門に扱う検索エンジンからの評価も高い可能性があります。PVを稼ぎたいのであれば一つでも上で表示される事は必要不可欠なわけですが、その分記事が被った時のPVは記事を頑張って書いた割には稼げなくなる可能性は極めて高いでしょう。

ごちゃ混ぜ系のメリットとしては、ごちゃ混ぜの内容が訪れた人の趣味趣向と合致していれば、セッション時間を稼ぐ事が出来ると思います。これにはサイト内で別の記事に誘導する工夫も必要になりますが、ここまでブログを研究なさっている方であれば、最低限度のカスタマイズは施し済みであると理解します。私のようにバラバラで関連性の無いブログよりもごちゃ混ぜでも合っる程度カテゴリーが絞られたブログであれば、そこそこ特化型ともいい勝負になるのでは?と個人的には思います。

 

特化型ブログのメリットとデメリット

如何せん記事の内容、つまりネタを探すのにも苦労されるかと。

ネタなんていくらでもあるよ!とは言いつつも「特化型」ですから、自分と同じもしくは自分以上の経験・知識・スキルを持った方が記事を見に来る確率も高まるわけですから、中途半端な記事は書けないと思います。なんちゃって特化型なんてたちあげてしまったら、読者からの信用を失いPVを安定して稼ぐ事はできなくなるような気もします。

読者に良質な記事を提供するということはつまり、訪れた読者が知らないことや知りたかった情報をその記事上で発見することに他ならないと思いますので、手は抜けません。しかし、良質なコンテンツを提供できれば読者からの信頼を勝ち取りファンを増やすことが「ごちゃ混ぜ系」よりも高いと察します。自分はまだ「特化型ブログ」の運用経験がないので想像で言ってますのであしからず......。

なので、私も「いつかは特化型」ブログを開設したいという志のもとで日々頑張っています。

 

 

ドメインパワーについて

取得した独自ドメインでブログを運営する場合、そのドメインが育つまでにはそれなりの時間(期間)を要します。

現にこのブログ(ドメイン)も2016年11月に取得したばかりで、2017年1月現在でまだ3ヶ月目という状態です。検索でもまだまだ上位に食い込めてません。

ドメインの新規取得か、現在使っている独自ドメインにサブドメインを付与して新規でウェブサイトを立ち上げた場合、今まで使っていた独自ドメインのパワーをそのまま引き継ぐことが出来るので、ドメインの新規取得にこだわりが無いのであればサブドメイン化して新規立ち上げが最も理想と思います。となると、最初に取得するドメインって、あまり変な名前付けたくないですね.....。どうしよう、俺、shigepons.com.....。もうちょっとマシな名前つければよかった......と後悔してますね。でも、せっかく2ヶ月育ててきたのでこのまま行きます。因みに、このドメインを別ブログでサブドメイン化してます。

そうなると、別ブログのエントリーもこのドメインのINDEXに付与されますから、サイト全体のボリュームが上がるはず。これがSEOに対して有利かどうかはこれから検証しますのでここでの言及は控えますね。

 

 

まとめ

結局ですね、ブログは「ごちゃ混ぜ系」が良いのか「特化型」がいいのかという結論は出せませんでした。ゴメンナサイ。
というのも、私がまだ特化型ブログの運用実績が無いからなのです。

でも、無理やり結論付けるとすれば、初心者はごちゃ混ぜ系ブログで文章力を磨きつつじっくりと独自ドメインを育てて、ドメインが育った頃にサブドメインを設定してそちらで「特化型ブログ」と開設するという手法が一番理に叶っていると感じます。勿論、せっかく「特化型」ブログを開設するならドメインも一から取得したというのが本音ではありますが、長い期間を掛けてでもじっくりとブログもドメインも育てたいというのであればドメインを新規取得してもいいんでしょうね。

やり方は人それぞれですが、ブログを構築する前にどのようなブログスタイルで運営するのかをしっかりと方針を決めた方が、その後の運営もスムーズに行くのではないでしょうか。

最後に、「ごちゃ混ぜ系ブログ」自分は大好きです。

 

■スポンサーリンク




■スポンサーリンク




-Web運営

Copyright© shigepon's log , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.